とくナビ札幌
とくナビ札幌 > 映画情報 > 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

Pocket

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

?どもの頃から病気がちだったサトシをいつも優しい?葉で 救ってくれた?が、2年前、がんの告知を受けた。今度は自分が母のために…と、サトシは恋?の真理に?えられながら、百度参り、修?僧のような滝?、国産野菜のジュース作り…など、あらゆることを した。しかし、やがて?との永遠の別れが…。火葬場で、サトシは、小さい母のかけらをポケットにそっとしまった。

生きる気力をすっかりなくしたかのような父、母の形見の時計を身につけ続ける兄。彼らとサトシの3人は、あることをきっかけに、ようやく新たな再スタートを切る気持ちに。それから1年。漫画家デビューし真理と結婚したサトシのもとに、突然、母からの驚きの「プレゼント」が届く!!

家族の絆を描いた宮川サトシの同名自伝エッセイ漫画の映画化。

 

公開日:2月22日(金)より公開中

公開劇場:ユナイテッド・シネマ札幌、ディノスシネマズ札幌劇場、ディノスシネマズ室蘭

監督・脚本:大森立嗣

原作:宮川サトシ「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(新潮社)

出演:安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司

配給:アスミック・エース

(c)宮川サトシ/新潮社 ・ 2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。